MORRRIS-GARAGE&CO.,

ミニ1000 足回り編

フロント、ブッシュ&調整式パーツを組み込みます。

貴重なSTDディスク用フランジ!溶射加工しました〜

フロントスタビ&STDディスク!スパックスのショック。

KADリアスタビライザー

塗り直しをしましたが、ほぼ新品状態の3.5J鉄ホイール!

キャンバー、キャスター、トーイン、ホイールベース調整。

マフラーをセンター出しに変更。

  皆さんお元気ですか?バブルス君です。朝晩涼しいのにいつまでも暑い日中が続きますね〜しつこい夏が残っています!んん〜暑いわ! さて、ミニ1000のレポートもボチボチ終わりに近づいてきました。今回は足回り編ですが、ささーっと終わらしたいと思います。いい加減 飽きてきました〜 画像にある通りなのですが、今回AT用コイルサス(フロントミディアム、リアソフト)を使用しています。そこに前後スタビとショックをからませてしなやかに曲がってもらうを実践してみました〜なんでやねん?いや〜ジジイだからです。え〜とね、車高はフロントがタイヤとフェンダーの間が8cm位、リアはそれ以上。フロントキャンバー角ネガ1度.リアネガ0.5度フルノーマルに見えて走らせると楽しいな〜これ!ってな具合です。まさに猫足ジジイ仕様です。ああ、素晴らしい。 次に、

ブレーキなのですが本来4輪ドラム車です。しかーし、フロントに貴重なSTDディスクをフルO/Hし、それに合わせてスイベルハブ、ベアリング、アウタージョイント、新品交換しました〜(タイヤの出方はドラム車と同じです。フェンダーの中に綺麗に収まります)それに当時物マスターバックをO/Hしてブレーキも抜かりありません。かなりいいのですが、強く踏みすぎるとロックするので慣れが必要です。まあ、合格としましょう。リアはミニフィンドラム1000用ですが鉄より軽いぐらいしか私にはわかりません。リアスタビライザー取り付けでセンターマフラーしか取り付けが出来ませんのでオートサービスゴウダさんの旧ステンレスマフラーをセンター出しに溶接し直しました。また、溶接ジョイント部分は取り付けステーで隠れるように細やかに作業しています〜 スリーインワンタコ足、 中間パイプはマニフローのメガホンパイプを使用しています。 こんなとこですかね〜 ほな、さいなら。